忍者ブログ
ルイヴィトンは、日本の女の人からは継続的に根強い支持を保持していますが、昨今は、ジュエリーの提案や服作りに取り組み始めたことでも注目を集めています。
| Admin | Write | Comment |
インターネットが登場以来、ネット通販市場は成長し続けています。特に、BtoCの市場は、2006年から2014年の9年の間に、4.4兆円から12.8兆円の2.91倍に成長しています。つまり、インターネットでモノを売りたい人は増え続けているということです。しかし、ウェブ・セールスライティングができる人はそのペースで増えておらず、供給過剰どころか、需要に供給がまったく追いついていない状態になっているのです。

しかも、この仕事は日本ではあまり知られていないのですが、アメリカでは100年以上の歴史があって、ずっと研究され、残り続けている仕事です。それは、セールスライティングの本質が、商品を売ることで、どうすれば人は商品を買うのか、という心理技術を扱うものだからです。人の心理は10年や20年といった短い時間で変わるものではないので、ずっとお金を運んできてくれるスキルなのです。

ちょっと極端な例かもしれませんが、アメリカでの話で、A4用紙8ページの文章で、日本円で2200万円の収入を手に入れることもできる仕事でもあります。実際に日本でも、セールスライティングの案件1件に超大手エリートサラリーマンの年収を大きく超える報酬をもらって、その文章を使って売った売上の数%をロイヤリティという形でもらっている人も実在しています。
PR
中国の王毅(ワン・イー)外相は最近相次いだ「精神日本人(精日)」問題について、「中国人の恥さらしだ!」と強い口調で言い放った。現代快報が伝えた。

「精神日本人」とは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考える人々を指す言葉で、「一部には自身の民族を恨んで日本を崇拝、自分が中国人であることを恥じる特徴が見られる」とされている。

中国では先月、旧日本軍のコスプレ騒動と南京事件に対する侮辱騒動とが立て続けに起きており、現代快報の記者は全国人民代表大会(全人代)の外相会見を終えて会場を去ろうとする王氏に「精日分子が民族感情を逆なでする行為を繰り返していることをどう思われますか?」と質問。王氏は「恥さらし、裏切り者」などを意味する「敗類」という言葉を使ってこうした行為を非難した。
彼が昔のようにちょっとした心遣い、つまり我を忘れさせてくれる「魔法」を示してくれたら、と女性は思っている。結婚前は、男も女性をその気にさせるためにロマンチックなことをする。

 しかし、女性は日常的に愛し合うことができるようになっても、ロマンチックな設定を求める。男はたいていこれに気づいでいない。ロマンチックな気持ちになれないと、彼女は日々の生活に忙殺されて、パートナーと愛し合う気などなくなってしまうのだ。
≪ Back 

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c ルイヴィトンのバッグやウォレットなどは老若男女に愛されている。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]