忍者ブログ
ルイヴィトンは、日本の女の人からは継続的に根強い支持を保持していますが、昨今は、ジュエリーの提案や服作りに取り組み始めたことでも注目を集めています。
| Admin | Write | Comment |
ブラック&ホワイトに彩られたタフで個性派な美しさを指元で楽しみたい。「ブラックはすべてに結びつく色、ホワイトもしかり。それは絶対的な美であり、完璧な調和。」とはシャネルのデザイナーであり、当時の女性ファッションの先駆者であり、オピニオンリーダー的存在でもあったガブリエル シャネルからのメッセージ。現代のファッションにおいても、またシャネルのスタイルおよび、ファイン ジュエリーを語る上でも揺ぎないアイコンカラーとして君臨しているブラック&ホワイト。コピーブランドその黄金カラー2色を、これまではファイン ジュエリーとは相反すると思われていた素材である、ハイテク セラミックと融合させてしまうという発想は、まさにガブリエル シャネルのアヴァンギャルドな精神を引き継ぐものです。ルイヴィトンというのはつまり、一流ブランドというのが世間でも普通の認識と言っても良いでしょう。

そんな調和から生み出された「ウルトラ コレクション」。そのセンセーショナルな登場は、貴金属とは異なり、傷のつきにくい、優れた耐久性と軽さにモダンなエッセンスが投入されたファイン ジュエリーとして、ジュエリー業界において、はたまたおしゃれに敏感なファッショニスタにとって注目を浴びる存在となりました。そのバッグを所有しているという事実があるだけで、ブランド コピー 財布その人が格式のようなものを得ることができます。ルイヴィトンの商品をプロパーの値段で購入すると、当たり前ですがお高くつくため、ルイヴィトンを扱う通信販売が主流になるのも時間の問題だったと言われています。CHANELのモデルの一種であるマトラッセラインのバッグの持つ上等な華やかさは、80年以上昔に早々と100%の状態だったと言われているのだから、さすがシャネルといわざるを得ません。

中でも、ハイテク セラミックの可能性に最大限にアプローチした今年の新作リングは指をフワッと包み込むかのような、しなやかなフィット感も特徴的。これは現代の女性たちが忙しく日常の動作をしていても違和感なく、指元をケアしすぎずに、ファイン ジュエリーを楽しんで欲しいと願う、嬉しい配慮ともいえるでありましょう。大胆かつ潔白なブラック&ホワイトの色に染められてその存在感を発揮しているハイテク セラミックに知的なホワイトゴールド、ブランド スーパーコピーまたは凛として勇ましく輝きを放つダイヤモンドの繰り広げる世界観。ぜひ、その目で確かめて。彼氏から彼女への贈り物として定番のウォレットの共通項は、1個の財布でチャリ銭用の小銭入れと紙幣を入れる物を兼ね備えている便利なタイプだと言われています。

http://yaplog.jp/sthetseth/archive/27
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22]

Copyright c ルイヴィトンのバッグやウォレットなどは老若男女に愛されている。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]