忍者ブログ
ルイヴィトンは、日本の女の人からは継続的に根強い支持を保持していますが、昨今は、ジュエリーの提案や服作りに取り組み始めたことでも注目を集めています。
| Admin | Write | Comment |
日本にある火山のうち、常時観測の対象になっているのは47火山。御嶽山は、そのうちさらに活発な23の火山に分類されているが、噴火は予見できなかった。理山は、噴火のサイクルが分からない水蒸気噴火だったからだ。信州大学の三宅康幸教授が言う。

「マグマ噴火と水蒸気が爆発する水蒸気噴火を比べると、予測の難しさでは水蒸気噴火のほうがはるかに難しい。地殻変動がなく、明らかな予兆が掴みにくいからです」逆に言えば、マグマ噴火は長年の研究によってかなりの精度でキャッチされるようになっている。たとえば、9l年に大噴火を起こした長崎県の雲仙岳(普賢岳など複数峰の総称)は、ほぼ噴火を予測できるレべルにまで来ているのだ。

「雲仙岳は、大噴火以来、気象庁が注力してメカニズムを調べ上げてきた火山です。国の災虫口対策の重点対象にもなり、24時間の観測が続けられた結果、地殻やマグマの移動の様子がほぼ分かってきた。今では、群発地震、噴火、溶岩ドーム形成、そして火砕流の発生といったサイクルとその時期を大体把握できている」(気象庁関係者)もっとも雲仙・普賢岳は、今も周辺が立ち入り禁止となっており、とても勧められる山ではない。敢えて登っても構わないとしたら、常に観測され、過去にも予知が当たってきた山である。

北海道の有珠山「たとえば、北海道の有珠山です。この山はマグマ噴火を約30年サイクルで繰り返していることが分かっている。最近では2000年3月に噴火していますが、数日前に緊急火山情報が発せられ、住民が避難しています。その結果、道路が寸断されるなどの被害は出ましたが、巻き込まれた人は皆無でした」(火山学者)また、同年7月に発生した一ニ宅島の噴火も数日前に緊急火山情報が発せられて、大きな人的被害はなかった。これらは、火山噴火予知連も予測できると太鼓判を押している山だ。

だが、そこまで神経質にならずとも、ほぼ問題ないという山は他にたくさんある。「たとえば、観光地として有名な北海道の摩周湖、それにスキーリゾートのある苗場も立派な火山です。島根県の隠岐諸島も全体が火山島だということが分かっている。これらは、常時観測対象ではありませんが、そもそもリスクの測りようがないので、行くなと言うこと自体がナンセンス」少なくとも、交通事故で死ぬよりは確率が低いに違いない。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65]

Copyright c ルイヴィトンのバッグやウォレットなどは老若男女に愛されている。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]